サーチエンジン1ページ:Zoozle自動相互リンク|相互リンクSEO-P-Link Ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

サーチエンジン:サブページ

カテゴリー

サーチエンジン登録サイト一覧

 このページは、Zoozle自動相互リンク|相互リンクSEO-P-Link Ver3.5のサーチエンジンカテゴリ(1)ページです。サーチエンジン(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、Zoozle自動相互リンク|相互リンクSEO-P-Link Ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはサーチエンジン:2ページで表示しています。
この続きはサーチエンジン:2ページで表示しています。

 Googleではプライバシーを軽視する傾向があると言われており、GoogleEarth並びにGoogleマップで利用できる「公道のパノラマ写真が見ることができるストリートビュー」を公開して以降、Googleと一般人とのトラブルが絶えない。2008年8月5日から日本でも公開されたが、公開当日から個人のプライバシーを侵害しているとして日本国内より非難が集中し、のちに申告された物だけぼかしを入れたり画像をごっそり削除するなどの対処を行った。ただし、いまだにプライバシーを侵害しているとして非難されている。また、「日本のGoogleでもプライバシーを軽視するような傾向である」ような発言を行ったGoogle社員もいる。日本ではストリートビューを停止すべきとの要求も出された。これに対し、2009年6月日本の総務省は、適切な処理が行われている限りでは道路周辺映像提供サービスそのものに違法性はなく、一律の停止ではなく個別に侵害のおそれのある事案に対処していくことが望ましいとの見解をまとめた。一方で「法的な問題を克服できたからといって直ちに受け入れられるサービスといえるわけではない」と指摘しており、一般市民の抱く不安感の解消のための取組をサービス提供者に求めた。「Google」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012年12月22日 (土) 06:33 )

このページの先頭へ